畳の効能

畳教室で集中力UP

北九州市立大学森田博士の研究で、このほど「畳部屋における学
習効果」について発表され、「畳教室には集中力持続効果がある」
ことが明らかになった!
畳教室と一般教室において、簡単な算数の問題をそれぞれ30分ず
つ解かせて、結果を比較したところ、畳教室で解答するほうが、解答
数が約14.4%増加。(正解率は畳教室、一般教室に差は認められな
かった。)正解率に差がなく、解答数が伸びたことで、畳部屋における
集中力持続効果が認められた。

いぐさの青々とした黄緑は人に安心感をもたらす色といわれています。また、
いぐさの香りには紅茶やバ二ラと同じリラックス成分が含まれでいます。
靴を脱いで畳に足をおくのもリラックス効果の要因と言えましょう。
このようないぐさ・畳がもっている様々な良さが、畳部屋における集中力の
持続効果を生みだしたものと考えています。
いぐさは平安時代から利尿薬や消炎剤などの薬草として用いられてきた
歴史もあり、最近では食品や和紙、石鹸、入浴剤などにも利用され始めてい
ます。
皆さんもいぐさの良さをもう一度見直し、熊本県の「いぐさ」をもっともっと
身近なものとして愛してほしいと考えでいます。

畳に触れて水虫予防!

この研究も森田研究室の福田翼さんらの研究によるもので、「いぐさに水虫の
原因となる白癬菌に対して予防効果がある」ことが明らかになった。
いぐさを加えていないものは白い水虫菌(トリコフィトン菌)がびっしり生えでいるが、いぐさを加えたものには全く水虫菌が生えない。
いぐさは水虫菌に対して抗菌効果が認められた。
このほかにもいぐさは大腸菌O157やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌などに対する抗菌効果も認められている。