熊本県い業大会の品評会にて

い草の産地である熊本県では、その年に収穫された最高のい草を使って、生産者の方々が織り上げた畳表の出来栄えを競う品評会が開催されます。

今年で49回目を迎える熊本県い業大会、い草・畳表品評会。
い草農家さんの良品意欲向上と農業の振興・発展を目的として年に一度行われ、今年は、い草部門119品、畳表部門129品、合計248品が出展されました。

2024年の品評会に出品されたたくさんの畳表

約40名の審査員により、下記基準に基づき厳正かつ公平に審査が行われます。
①い草の太さの揃い方
②い草の色の均一さ
③い草の織り方

最優秀農林水産大臣省
・い草部門 松本公義さん
・畳表部門 早川猛さん(写真 右)
早川さんは、当工房が昔から大変お世話になっている農家さんです。
今回は本当におめでとうございます。

い草の品評会で金賞受賞の早川氏
品評会に出品されている畳表を拝見し、畳屋である我々も改めて気を引き締め精進していきます。

〜熊本県い業大会審査員〜
公式サイト
熊本県アグリシステム総合研究所
熊本県い業協同組合
八代地域農業協同組合

投稿者プロフィール

畳工房大阪 大西一男
畳工房大阪 大西一男1級畳製作技能士
20歳から東証一部SMK株式会社にて、生産技術開発部を担当。
家業を継ぐ為、25歳で畳業界に転身し一般のお客様から企業様まで30年以上に渡り多数取引をさせて頂いております。
畳を通じ、皆様の生活が豊かになるお手伝いをさせていただければ幸いです。

無料お見積り